2018年01月15日

column


おととい、スターウォーズ観た後に有明のホテルに泊まって出勤
日曜の電車は空いてる
早めに着いたので通り道の猿田彦でカフェオレを飲んだ
ミルクがふあんとして美味しい
そのときに
KINFOLKという雑誌が置いてあって、ちゃんと読んだことないなと思って
ひまつぶしに開く
vol.17は人とのつながりの特集で、コラムの並んでいるページがあって
改めて思った。
文章は心を照らす
普段に生きている日々の流れから
ひとつ俯瞰した もうひとつの時間軸みたいに
ひゅるるとひとすじの流れができる
細い糸みたいなもの
琴線ってぴったりな言葉と思う
本を読むことも以前より随分少なくなっていて
いつの間にか
本屋さんに行ったとき 出会いたい本が少ないような気もしていて
こういう日々の中の その人の流れからしか立ち現れようのない
そういうのが好きでいつも読んでたんだった
自分で忘れていた
そういうのは会話の中にしかないような気もこの頃はしていたけど
そういうわけでもなかった
同じ 静かな 光を持つものが文字にもある
誰にも書ける 本当は
そのひとの本当の ほんとうのところ
できるかぎり迫ったもの
見えている世界の形
帰り道に本屋さんに寄ったら同じ本は売り切れてなかった
閉じても心に残るのは
こちら側に照らすものがあるから

posted by なお at 06:48| Comment(0) | ひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

origin


お天気続く
ふーっと注ぎこむほどに世界が広がっていく
呼吸深く からだ緩む
笑って会えることが 何よりのことだな
小さく可愛く楽しいことが
いつも胸を和らげる
素直になることの原点は
大きくなってもずっと変わらない
年重ねていっそう豊かになるような
オリジナルなもの

18年がもうじき
またたくさん歩いていく
自分もひともみんながみんな
すべて幻だと それはほんとうにそうだと思う
長い永い時の中の 一瞬のできごと
だからより温かく目の前に。

posted by なお at 11:01| Comment(0) | ひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

木立


すっかり冬らしくなった
お茶が美味しい 飲むたびほーっとなる
矢野顕子の歌にクリームシチューというのがある
電車で富士山を見た後に イヤホンから流れてきた

「僕の傷をみるなよ
僕に謝るなよ」

の後に

「あったかいクリームシチューを食べよう」

と続く歌

冬はそんな、そんな感じも
きゅっとした確かにあるものを
包みこむような
そういうところがあって
深いところまでみえる

もみの木の深い緑

この間、秩父の三峯神社に行った
西武秩父から山道をバスでぐんぐん登って
山の上に お犬の神様がいる
登る山道で気持ちが悪くなった時
横は背の高い木立で、天気が良かったので陽光も林立して
木のかみさま と頭に浮かんだ
神社に行ったら大きな御神木があったので
感謝を伝えた


posted by なお at 11:02| Comment(0) | ひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

11.28


金沢に行ってきた
近江市場で海鮮をそのまま食べる
イガの中に入ってるウニ、甘えび、ホタテ
その場でさばいてくれる真鯛、のどぐろ、鰤
すっきりとあたたかい幸せ
兼六園は美しかった
日本庭園を眺めてぽかんとしながらしゃべる
日帰りで出かけたので
翌朝はまだ少し疲れの中だったけど
仕事終えて帰りの電車の中で
うたた寝していたらぷちぷちと空気がはじけてきた
流れのなかで
何かがくっきりとするときはそんな風
空気がぷちぷちと生きていて
最善ぴったりきてる
それまでのすべてがたいせつになる


posted by なお at 14:59| Comment(0) | ひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

青空


冬らしくなった
あったかいのがお腹までしみてくる季節
コートを新調したらおまけについてきたハンドクリームが
ハーブの混ざったいい匂い
混ざり混ざりゆく
日々新たになる
小さな小さなツリーの入っているスノードームを
ついつい買った
この先の目印みたいでうれしい


posted by なお at 11:14| Comment(0) | ひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

散歩


昨日の夕方お店にやってきた女の子が可愛くて
今も思い出すとほんわかする
お母さんお父さんに連れられてアロマディフューザーの前で
くんくん匂いを嗅いで、ミストに触っていた
お会計の途中で使った計算機を見たらやりたくなり
渡したらパチパチ打って「2足す3で5歳」と言う
お母さんは隣でびっくりしてた。今2歳だそう。
天才なのじゃないのと話しかけたら
ぴかっと笑ってその後は走り回っていた

おととい、火鍋を食べに行った後のロッテリアで
小さい頃の読書体験の話になり
読んでました?と聞かれて間髪入れずに読んでました!
と答えた自分が新鮮で、なんだかそうかと思った
ピースが合わさっていくかたち

「もうずっと、習慣になっていて」と聞かせてもらって
ペースが崩れないのがすごい
リズムってちょっと今日はもういいやとかって崩しちゃうじゃないですか
と言ったら、「くずすと大変で。せっかく休みの日だしだらだらしよう
とかって思うんだけど、大変になっちゃうからできない」
接客していると、カウンターはふと何かが重なる場所になる
白いテーブル。白くて、その距離だから、まっすぐ聞けることもある
ふと、思いついたようにやってくる理解
ほんとは、いつもいつもがそうだけど
場所がくっきりすると体ごとだから分かりやすい

ひとはそれぞれで、それぞれであることを知ると
なんで嬉しいような 心が軽くなるような感じになるんだろう
惹かれる部分とその人となりからよくわかるな
その人っぽいなという部分
そういうのを見つけると嬉しくなる心


posted by なお at 06:09| Comment(0) | ひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

うた


秋に降りてきた
光の入り方が青を透き通ってぱあっと

作ったフルオーダーのレシピのメモ紙が溜まって
手帳に書き写す
家計簿をつけ終えた時にやってくる
あたたかいすがすがしさと似てる

日々は運び
新しい顔がみえる
やってきたこととやっていきたいことは
変わるようでたいして変わらず
ふっと過ぎった粒の流れに乗って
今日も生えてきた


posted by なお at 10:51| Comment(0) | ひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

オクターブ


まだ蒸すけれど時折秋の風がさあっと通る
新宿でくるくると遊んだら帰り道眠くなった
いつの間にか記憶が増えているなと思う
ぱちっと明るくなる

4日5日と関西に行ってきた
京都駅で待ち合わせ
なおみちゃんとみおと、ちびっこも2人いて、空はどこまでも広かった
笑いっぱなしでずっと
夜、ちびっこたちが眠った後ビール飲みながらしゃべる
このごろのこと
問題は具体化し、思考は緻密になるので
どこまでいっても面白い
それからまた日々はずいずい流れても
同じようにあの空間があるように思う
そういうパワー
同じ地点に立っているということ

みおと別れてなおみちゃんちに行って
バジルのお茶をいれてもらう
初めてやるんだけどどうかなあと出てきたお茶は爽やかで美味しくて
民族のテントにおじゃました気分だった
お茶を注ぎつぎしゃべる
眠くなりながらもしゃべる
いつしか寝ていて朝だった
毎日は平たく美しい

楽しみにしていたMステでおざけんは
はじまりはじまりと扉が開く
のところを大きくふりきって歌った
かっこいいとかかわいいとかそんなことも追いつかないくらい
音そのもので楽しむそのもの
変人で感動する
人は胸に誓った分だけ
それの通りじゃないとしても世界が動いていくと思う

posted by なお at 16:53| Comment(0) | ひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

はじまりはじまりと扉が開く


小沢健二の新曲6日に発売 来週はMステだって。
1年ちょっと前のライブで聞いてもうすこしあやふやだった
フクロウ〜が今鮮明に蘇って驚いた
詩の力はすごい
メロディーの不思議はすごい
心が浮き立つそわそわ
秋の空気
今日も頑張ろうと素直にすっと
posted by なお at 08:44| Comment(0) | ひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

循環


涼しい
気持ちがくっきりしたら状況が動いてきた
忘れていてそういえばあのときくっきりしたなと
後から思ったことだけど
変わるのは寂しさも伴うけど いいことだ
グリーンフラスコに行ったら自分のやりたいことが
今の感じとグリーンフラスコの感じの間くらいにあるような気がして
それはまず今いる場所で作っていけると思った
おもしろい。
腹から力が湧いてくる


posted by なお at 09:58| Comment(0) | ひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする