2019年07月15日

なみなみ


おとといは、Awakening Alomatherapy 講座の4回目
またいちだんと深まった
アロマセラピーとの向き合い方も
いいな がだんだんくっきりと形が見えてきて
手が動くようになってきた
回数を重ねるごとに動かし方がわかってくる
動かすときの気の持ち方というか

毎回、エッセンシャルオイルを香って そこから浮かんでくるものを絵や言葉を使って表すというのをやる
今回くっきりと浮かんでくるイメージをとらえられた
表すと触れるくらい確かなものになり
表現するということの豊かさを感じた
あと、表現しなくてもすでになみなみとあるということも

その中でどんな風に 私は過ごしていきたいか
この目に映るもの
生きていることの美しさを表出するものに
迫っていきたい

一緒に講座を受けている人が、その講座の始まる前と後で見違えるほど
ぐっと力強く美しくなっている  その日その時間の中だけで
これはなんだかすごいと思う
もともと素敵な人なのだけどよりその人らしさが出る
目に見えることだけど表面的なものでは全くない
生きるって面白い
人からどう見えるかはどうでもよく
でも結局いつも外にも見えてる


posted by なお at 09:32| ひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

カレー


7月7日は誕生日であったとともに入籍から1年の日だった
前日はひーくんお仕事であったので、晩ごはんに餃子を作って前祝い
20個ぺろっと食べる
お祝いに包丁を買ってもらうことにした
毎日使うものなので、1年の記念に
当日、合羽橋に買いに行き、ひーくんのお父さんのお墓参りもする
浅草は外国人の観光客も多く賑やか
しとしと雨の降る中、仲見世通りでひーくんの扇子も探す
さすがに浅草は種類が多く、ほっこり和風のが見つかった
包丁は何度か通りかかって気になっていた釜浅商店で購入する
日本語の上手な外国人の店員さんが丁寧に説明してくれて
うれしい買い物だった
のりのりでなく、静かに優しいトーンでお話ししやすい
「いい買い物したね」と言いながらまたしとしとの道を歩く
あとはお肉とケーキの材料を買って帰る
お祝いのステーキはクックパッドでミディアムレアの焼き方を調べて
ばっちりの焼き加減になった

昨日、餃子の皮がなくなって残っていた餡を
もう一度皮を買ってこようかなと思っていたけれど
もうやったしなと思いカレーにしてみる
ニラキャベツ挽肉カレー
餃子の半分には梅干しも入れていたので、はちみつ梅入り
玉ねぎを炒めて、ゆでた豆もあったので一緒に入れる
トマト缶とカレー粉と北欧で買ったカルダモンも砕いて入れる
シナモンはちみつとヨーグルトも入れる
ナンを買ってきて一緒に食べた
何かと何かの間みたいな食べ物が好きだ
メニューに載らない感じの途中のもの
連綿と伸びゆく日常の「瓢箪からコマ」
よく見ていれば起こる
未来からやってくる
流れを面白がって

1年後はどんなか
わからないけれど
時間は過去から未来に流れていく でなく
未来から今に流れてくる
とこないだよしもとばななの本に書いてあり
なるほど!と思った
カレー食べたいなと思ったとき、カレーを食べる未来がある
そこから逆算しての餃子の餡の行方
1年後はわからないけれど
流れてくるものがある
その瞬き 目に見えない 前 の感じ
つやつやとした空気が額にあたる


posted by なお at 08:47| ひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

今できること


曇りの予報だが晴れつつある 空が明るい
離れたところを思うと少しだけ
ざわざわがある
深呼吸をする 鳥の声を聞く
じゅじゅっと鳴いている

ひーくんは早い日は6時20分には家を出るので
つられて私も朝の時間がたくさん使えるようになった
今朝はフィンランドで買ってきた布をカーテンにした
ダイニングの細長い窓につっぱり棒でつける
裾の部分を折り返して縫ったが、やっぱり切ろうか、考え中
ひとまず 日に透けてうれしい
うちのカーテンはベージュで静かなので
この窓にはすこし鮮やかな布がきたら綺麗だなと
引っ越した当初からイメージしていた
こないだの北欧で一緒に選ぶことができた布
うれしく見つめる

うれしい
よろこばしい は、未来に続くエネルギーだ
不安や悩みはすべて忘れてもいいくらいの
未来のエネルギー

こないだ、幼なじみの夫婦が遊びに来て
1歳5ヶ月のちびっ子が人生初めての階段を登る
最初途中でやめたけれど、また階段の方へ行って登り始める
その様が、エネルギーに満ちていて
そうだ始まりはこんなだ
わからないまま進んでいく
進んでいくアタマ全面からエネルギーが出ていて
そうだよね、やっちゃうよね
と多分見守ってる全員が思った

ああそんな感じ
そんな感じの今が今日も続いていく
生まれたときからこんにちも同じ
身体全体で世界を受け取るあの小さな頃よりだいぶ
見渡しがきくようにもなったけれど
エネルギーの発露は同じく
種が土から芽を出すくらいの
小さくて大きな力


旅のnoteまとまりました↓ あとは旅のなりたちを書こうかな

Awakening Aromatherapyを受けているサロン
curatrice (クラトリーチェ)
アロマトリートメントを受けたあとは、自分の身体の状態がよくわかる
肌につやが出て、なにより身体が楽になって、というときに
それを伝えると 「初期化された状態なんですよー」
というようなことを言っていただいた
みんなそのままでよくて、本来の状態に戻っていく
そのままということは、それぞれちがうっていうこと
水が浸透するみたいに 身体はその感じを掴んでいくことができる
不思議だけど当たり前みたいな 素敵なことだ





posted by なお at 13:05| ひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

Awakening


梅雨の晴れ間
花をつんで成長剤を遣っても響かず
根腐れしちゃったかと思っていた庭の紫陽花が
夏至過ぎて、一気に梅雨っぽくなってからぐんぐん新芽を出し驚く
植物はすごい ちゃんとわかってるんだ
大らかな姿に 見守られるような 励まされるような
育ててもらっている気持ちになる

4月からAwakening Aromatherapyという
アロマの講座に月に一度行っている

6/21に受けた3回目の講座は
『象形薬能論』を基にしたアロマの抽出部位別の作用と特徴

『象形薬能論』というのが良くて
植物の色や形、育った環境などの特徴が、その植物の作用を表す というもの
自然は優しくて、初めて見てもわかるように
色や形から特徴を想像できるようにしているよー
ということ

実際に部位別に香りを試しながら、種子や根、葉っぱ、花、全草などの特徴を聞いていく

種だったら
たくさんのDNA、情報を持っている
種の殻の中は空っぽなのだけど
そこには大事な想いなどが含まれている 不思議
ということから
可能性、DNAを発動していく などなどに繋がっていく
これまで生きてきた中で感じてきた
自然や自分の在り方にも通じることなので
すっと胸におちる

Awakeningという名前がぴったりで
講座を受けながらひたすら自分のことを照らすので
浄化されたり、講座へ向かう度 想いがすっきり逞しくなる

すべて面白いので、どんどんメモもとるのだけど
身体に受け取って 残ったことを覚えていく
大らかさがたのしい

香りは今
今ここ に心も体も持っていられる
あとふっとポジティブな方へ気分が動く
言われてみたら本当にそうで
そのシンプルな地点に立ちながら
色んなこと していきたい
思いが強くなっている





posted by なお at 14:53| ひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

ストレンジャー ザン


16日に北欧旅行から帰ってきました
帰ってきて、家に入った時にまだ新しい家の匂いがして、いつも住んでいたらもうその匂いには気が付かなくなっていたけど、そうだったのか!と思った
すっきりといい家でほっとする
旅がとてもよかったので、珍しく帰りたくない気持ちだったけど、帰ってきても全然大丈夫だった
買ってきた帽子を早速ぬいぐるみに被せるひーくん
ごはんが恋しくはならなくて、しばらく寝た後
まずコーヒー淹れて、買って食べそびれていたシナモンロールとデニッシュを食べる
それから、そうめんと、切って冷凍していたパプリカ、冬瓜をひき肉と炒めて晩ごはん
そうめんはつゆにごまと韓国のりを入れた
緩やかにこちらに帰ってきた感じがお腹にちょうどいい

次の日、旅行に行く前に写真屋さんで作った結婚式のアルバムを受け取りに行った
アルバムは不思議
開いて見て、見終わって、閉じると今が滲みてくる
その瞬間が今に繋がっていることをまざまざと感じる
大切なものをまっすぐ、繋げていく

ずっと持ってなかったデジカメを買って、旅で写真を写してきた
外国で外国人になるのはとにかく楽しい
北欧の旅をnoteにまとめていっています
こちらから どうぞ ↓

posted by なお at 13:04| ひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

最善


あさっておかあさんが施設に入居する
そこに持っていくものを準備するのに母に相談した
離れて暮らしているのでわからないことが多い
お家から持っていきたいものもあると思うが
ひとまず必要なものは用意しておいて
必要ならお家のものと合わせようと思った
母はちょうど昨日本番を終えたところで
買い物に付き合ってくれ
二人でああだこうだ言いながら買い物かご2つ
衣服肌着靴下など選んだ
頭から被れるパジャマがあと2つ見つからず
ユニクロにも行った
リラコとTシャツの組み合わせで
ベストマッチなものが見つかり
「お揃い買おうかな」と二人で言い合う  
成り行きでのことだけど
こういうことが大事なのかもしれない
大丈夫の力

最初に準備したのはシロイルカのぬいぐるみだった
ひーくんと私の思い出の品で今も2匹一緒に暮らしている
名前は「しらす」と「しらこ」
おかあさんのシロイルカはどうしようとひーくんと話して
「しらたき」がヒットした
八景島に電話をしたら振込んだら送ってくれると請け負ってくれ
しらたきは明日家に来る
こんなことはどこにでもあるような 小さな粒々だと思う
わざわざ書いたりしない人がほとんどだと思う
一人で選びとっていく無数の手が一人一人にある
どこにでもあるような粒々が
世に多くあれと思った
ベストを尽くすということ
色んな尽くし方が 無数無限の組み合わせである
誰にもできる  私にもできる

もちろん、その人ありきのことだが
物には思いが宿ると思う
仕事納めの日、最後、一緒に働いた皆からもらったエプロン
明るくて肌ざわりのいい植物柄
まだ深いところに切なさがある
そして笑う こういう風にしかならない
というところまで深く大切に
身体全体で生きる



posted by なお at 21:27| ひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

口火


始まりだ

夏に向かう空気のなか
光の道を自分に
自分の光が 世界の光になる

風が渡っていく
いつも始まりの
その一言を聴いてる



posted by なお at 01:43| ひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

純化



DBACAA57-1043-4742-AC8D-7E1B623880CD.jpeg


こないだ帰り道の途中乗り換えの駅ナカでふらり寄った本屋さんで
(本屋さんのふらり寄りってなんでこんなにも嬉しいのか
ふらり寄りのナンバーワン、本屋かパン屋か悩むところ)
緑色の小さいノートを買った
文庫本の半分くらいの手のひらサイズ
そのノートに思ったことをちみちみ書ける
と昨日歩いてる途中にまた思ったら
歩きながら思わず顔がにやりとしていて驚いた
なんで小さいノートがいいのか自分でも不思議だけど
「たのしい」の方に自分の心が流れ出していくときの感覚が
ダイレクトに掴めるようになった
そして 今はこの感覚を大事にしようと思っている
なんだかまるで自分キャンペーン中だ
わりとよく自分の本来部分からくる感覚を
気付きながらスルーしていたところがある
そうしなくてよいと許したら まだ見ぬ地図が広がるようで
細胞からわくわくする
そして、深い感謝が湧いてくる
ここまで育んでくれたものに
こんなに無頓着でも生きてこられるのは育まれているからと思う
それから、歩いて 動いて 暮らしてきた 心と体にも

緑色の小さいノートに書くのは
芋虫が草をちみちみ食べてる感じ
時間たっぷりあるよって感じで心が落ち着く



posted by なお at 09:28| ひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

本心


お仕事が時短になって数日
ぼーっとする時間が持てるようになった
それは私にとって大切なことで
昔からずっとそうだった
ぎゅうぎゅうにしたくないのだった
これまでこのあとこの時間までにこれをやって
ということを気にしながらしばらく暮らしていたということが
新しい暮らしに身を置いてみてよくわかった
それで落ち着かなかったんだ
でもそれがあって 今この感じの体が喜ぶ感じがよくわかる
ずっとそのままでここへ来るというのを私は望んでなかったんだと思う

5月末にはお仕事を閉じる
その後は新婚旅行で北欧に行きます
ずっと行ってみたかったところ
旅行屋さんでコテージに泊まってご飯を作って食べたいと話したら
??? という反応だったので
航空券、レンタカー、鉄道のチケット、コテージ、ホテル
それぞれに自分たちで探して予約を入れた
旅行のことをちょっと考えるだけで心が遠くまで広がる

ひねくれるのは
じぶんを素直に出せないとき
頭で理解していても
不自由に感じているんだ

誰かをどうこうということでなく
自分の喜び
何かをジャッジをすることでなく
すべてありのままでOK
今心がクリアになった


53BE346A-5C7D-48B1-A9EF-0016AFC7415F.jpeg



posted by なお at 18:06| ひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

パワスポ


明後日からお仕事が時短になる
昨日、最後に接客したご夫婦が素敵で
何度もその現場が頭に浮かんでくる
人のパワーって、本当にすごいと思う
誰かが特別ではなくて、誰でもがそうなのだ
ただ私にとってわかりやすい
深く共鳴する場面が目の前に現れただけ
仕事の魅力は日々実践できること
私はありがたい時間を過ごしている
もちろんそう思えないときもたくさんある
全て私の目線次第だ
そしてそれが自分だとようやっと認められるようになってきた
なかなかなかなかに欲が多い
こんな風になりたいなとこんな風なのだの狭間で
でも自分しか知らない人生だし
欲張りも味わいと思う

今日は半年して行きつけになった感じがまだ初々しく嬉しいお花屋さんに行って
紫陽花を二株買った
去年の秋からお庭の相談をしていて
あまり進まないまま今日まで来た
けどちょこっとだけ植えたハーブとお花は
ほぼ放ったらかしながら元気に育っていて
毎朝見る度嬉しい
朝の一瞬の出来事だけど心に育っていっている
というか私が育ててもらっているみたいだ
本当に植物は深く優しく静か
こないだお店にヘルプに来た年下の女の子から
生まれ変わるとしたら何かという話で
「植物もよさそう」(恐らく私のイメージ)と言われ
「えー、動けないじゃん」と言ったら意外と言われた
確かに意外なのかもしれない

にこにこと楽しいのは随分
奥行きの広い豊かなこと
そこにはたくさん存分の切なさも含むから
そんな感じがしてきた
夏に向かう空気の中
全然完璧じゃない全てが大事なこと


F64EEBB5-4BD6-45C1-8E1D-5B5CC9E55A2C.jpeg


posted by なお at 18:08| ひととき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする